←web拍手ボタン




9月17日

先週で3ヶ月間の臨時勤務が終わってようやく日常の平日になりました。
思い返すとほんと暑さのしんどい時期だけピンポイントの日程でしたね。
何も考えず作業だけしてればいいので時間は一瞬で過ぎていくしあっという間といえばあっという間でした。
日常に戻ったとはいえ3ヶ月抜けた分溜まった仕事を片付けるためにしばらく残業の日が続くのでもうしばらくしんどいところ。




最近グランブルーファンタジーを少しやり始めました。
ラブライブサンシャインコラボで手を付けたのがきっかけですが、コラボストーリーが中々良かったので他のイベントストーリーもつまんでいたのですが、俺達のレンジャーサインというイベントのシナリオが本当に凄く良かったのでちゃんとやってみようと思いました。
キャラの立ち位置と大まかな流れを知りたいのでメインストーリーを進めるところまで進めようと思いますが先がめちゃくちゃ長いのでどうなることか。
元々時間泥棒すぎることはよく聞いてるし、自分自身が一点集中型なので手を出さないようにしていたのですが、幸いやることが膨大すぎるのとシステムが複雑なので現状は諦めをつけてメインだけ見てられるのでとりあえずは大丈夫そうです。
そうは言いながらイベントのマルチバトルを他事しながら数時間ポチポチし続けたりしてるので早くも危険です。




   

16日の日曜に富士急ハイランドでラブライブサンシャインのwebラジオ番組、浦の星女学院radio通称浦ラジの公開録音イベントに参加してきました。
ラジオの公録なので座って喋るだけの大人しいものかと思わせておいて出演者がそもそも動きがうるさいタイプの集まりなのでよく動くしそもそも音声だけじゃ伝わらないお題だのなんだののオンパレードで面白かったです。
1部2部ともに1時間ちょっとのイベントで、収録分は30分ちょいなので半分くらいは会場限定の出し物でほぼファンミのトークパートのそれだったのでとても良かったです。
全部面白かったけど中でも2部での誕生日が近い高槻さんへのサプライズでYYYの3人が突然Waku-Waku-Weekを踊るフラッシュモブ的なやつをやってちょっとしたらケーキ出てくるんだろうなって思ってたら全然出てこなくて2番まで入って高槻さんも混ざって踊り始めたのはかなり面白かったし突然のミニライブでした。
遊園地は時間的にも満足に遊べる時間が無いので合間に行くとかもせず富士急行って公録聞いて帰ってくるだけの移動でほぼ終わった一日でしたがとても満足感のある一日でした。
まずこの日は三連休の中日だからかアトラクション220分待ちとかの1年通してトップレベルの混雑でそれどころではなかったのですが。
あと今回富士急へはバスで行ったのですが帰りのバスがバスターミナルの混雑で30分以上予定より遅れての出発になって遊園地の終バスはこういうこともあるんだなぁと学びました。
富士急は特に西側からのアクセスが悪すぎるのでやっぱり行くなら車が便利だなと思いました。




     

公録の前日にソロ沼津してきました。
イベント日に家から出るとかなり早起きになるし長時間移動の無駄な疲労状態で行きたくないなと思って三島で前泊するついでに。
何度も行ってるけどソロは初だし車なしの移動も初だったので新しい経験を積めました。
バスで内浦まで行っていけすやでご飯食べて学校の下まで歩いて帰ってきただけでしたが雨の中一人で海辺をゆっくり散歩するだけも趣があって中々良かったです。
最近ここに限らず海って良いなぁと思うのでなんかもうちょっと手軽に海が見れる場所に住みたいなとか思ったりします。




あと泊まったところが三島でなんか有名らしいので久しぶりにうなぎを食べました。
お高いけど美味しかったですけどお高い。


この日は特に目的もなく散歩して旅館に泊まるだけのただの一人旅行だったのですがなんか普通に旅行ありだなって思ったのでなんというか自分の性質の変化を感じました。
昔は長時間移動は苦手だったし目的無い行動するくらいなら家に居たい派だったので。
とりあえず旅行すると思うことは目の前にPCが無いと時間の流れがとても遅いということで、なんかそれが非日常感を大分助長してる気がするなぁと思いました。




・web拍手
> 誕生日おめでとうあろはー(´;ω;`)
> ありがとうあろはー(´;ω;`)
> 今年は免許更新あるからそろそろ行かないと・・・

定期相互おめありあろはー(´;ω;`)
期せずして誕生日豪華飯がうなぎになってた。
免許確認したら平成34年まで有効らしいので平成をあと4年は生きてみようと思う。





9月11日

夏オブザ夏って感じの気温が落ち着いて日中もだいぶまともな気温になってきてありがたいです。
流石にエアコンはまだ切りたくないけど24時間体制はそろそろ見直しても良さそうかも。
今年は否応なく炎天下での猛暑作業をさせられたのですがそれへの対策用品とか揃えられた点に関してはまぁ良かった事かもしれません。
汗をかくときはシャツ1枚より中にインナー(機能性)を着たほうが断然楽というのを知れたのが一番収穫だったのでインナーは夏でもちゃんと着ようと思いました。




 

秘封ナイトメアダイアリーをプレイしました。
ステージ飛ばしはせず上から順番にやっていってだべりつつ8時間くらい(ゲーム内時間で5時間)で全部クリアしました。
裏土曜2だけ印象に残る強弾幕(解法への理解が難しい)でしたが他は特にシビアなステージもなく最後まで程々な難易度でした。
細かいガチ避けが必要なところがほとんど無いとはいえテレポートが低速2回押しという操作なせいでかなり操作慣れは要求されるので、過去に文花帖形式の操作を習熟してない人には結構厳しいゲームだなと思います。
同形式3作目なので操作方法がアップデートされていくのは仕方ないですが、撮影、低速、超低速(しかも巻き終わると勝手に低速になる)、低速での照準フォーカス、遠写、テレポート、の操作をたった2ボタンに全部詰められているのは冷静にかなり複雑だと思いました(しかもショットも撃てる)。
自分は基本操作に苦は無いしブランク明けに程よい程度の難易度だったしで久しぶりに楽しく東方弾幕を遊べました。
あと過去キャラのドット絵に小物が追加されてたりで少しアップデートされてたのが中々嬉しい点でした。
一番インパクトあったのは映姫の攻撃がC1のクリスタルみたいなショットになってて、卒塔婆のイメージが強いのでこう見ると新鮮で中々面白かったです。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> フルーツは桃か蜜柑あたりが好き。
> 何もやるものがないときの気力の出なさは異常。
定期あろはー(´;ω;`)
桃は昔は一番好きだと思ってたんだけど桃味は好きだけど桃の果肉は実はそんなでも無いかもって思うように。
みかんは昔食べすぎてあんまり食べなくなったけどドライフルーツのみかんはめっちゃ好きでファミマのやつをよく買ってる。





9月3日

最近休日にどこか出かける用事が無いと落ち着かないというか出かけないと無限に気力がなくなってだらけてるだけの休日になりがちです。
出かけたらやる気が出るのは出かけるという行動で初速が付くので色んな行動に移しやすいというのがあるので実は行動力を出すのは楽だったりします。
家に居ても何かしら始めればそのままやり続けられるんだけど初速をつける力が自分の気力100%なので家で何かをするのは意外に難しい。






9月になったので秋の味覚系。
皮ごと食べられる系のぶどうの味を知ってからはフルーツの中でぶどうが一番好きな食べ物にランクインしています。
梨も好きだし美味しいけど皮剥いて切るだけの行為すらめんどくて省きたくなるのでぶどうは強い。
シャインマスカットとナガノパープルとあと切ってあるやつは普通の巨峰と梨。
単価が結構高いけど美味しいので秋のエンゲル係数は気にしてはいけない。
と思ったけど外食含めるとエンゲル係数高いのはどう考えてもコミケ時期周辺とかになるのでこのくらいは誤差と考えて良いのではというガバ思考が生まれたので気にしないで行きましょう。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 同じの何個も買ったの代表といえばパッドだった。
> あいつすぐボタンが潰れて困る。
定期あろはー(´;ω;`)
一番酷使してた時期はRボタン(STGの低速)が結構悪くなってたけどよほど大人しく使うようになってからは全然壊れないから困らなくなった。
自分のサタパも何個も予備買って状態の良い中古パーツ組み合わせとかよくやったけど今だと昔ほどサタパが山ほど中古屋に置いてあることもなさそうだし予備は大事にしていこう。





8月28日

         

夏コミ帰りで花火見に寄った富士急ハイランドにちゃんと遊びに行こうということで土曜に行ってきました。
金曜夜出発→山梨のスパで仮眠→開園即入場→閉園直前くらいまで遊ぶ→温泉入って仮眠取りつつ日曜の朝帰宅。
というなかなか限界まで遊ぶプランを実行しました。
遊園地行ったのは多分4,5年ぶりだったので久々に楽しかったです。
あとメガネをコンタクトに変えて良かったなぁというのがかなり実感できました。


・FUJIYAMA
乗車時間が長くてボリューム感あって良かった。
ジェットコースターって感じのジェットコースターが長く楽しめて満足感ある。


・ええじゃないか
ガンガン回されて凄いもみくちゃにされる感じだけどハーネスでガッツリ固定されてるので怖さはあんまりない。
登る時のスピードも早いしパワーを感じるコースター。
2回乗って座席の外側と内側乗ったけど外側だとだいぶ振り回されるパワーが違うと思った。


・高飛車
売りにしてるタワー部分のところより乗った直後の暗闇ゾーンが個人的に面白かった。
121度落下はループコースターに上から途中侵入したみたいな感じで割と普通な印象。
後列だったので前列だと感想が少し違ったかも。


・ド・ドドンパ
初速の加速感は実際楽しい。
最初が凄いからそれ以降のインパクトが若干薄くはある。


・絶凶・戦慄迷宮
いわゆるお化け屋敷ポジションのホラー施設だけど凄い手の込みようで面白かった。
よくあるゾンビホラーゲームの病院ステージそのままみたいな雰囲気で小物とか壁のポスターとか凄い良かったんだけど結構後続のグループが早く追いついてくるのであんまりゆっくり見て回れなかったのが若干心残り。
3Dゲームの世界でよく見る光景が実物になってるのにワクワク感あったし焼却室?が暑かったり霊安室がめっちゃ寒かったり薬品のにおいがしたりそういうゲームでは体感できないところを体感出来て面白かったというか有意義な体験でした。
ホラー自体はあんまり得意というわけではないけど雰囲気系は好きなのと複数人前提のアトラクションなので特に辛さはなく楽しめました。


・テンテコマイ
羽を操縦して回転に入るまでが結構難しくて攻略系アトラクションで中々面白かった。
案外回転に入れない人が結構居た。


・鉄骨番長
意外と高さと速さがあるのと胴体の固定が薄いのが正直コースター系より恐怖感あった。


・富士飛行社
前情報でちょっと凄い4DXってくらいのイメージだったけど実際はだいぶ凄くて面白かったです。
室内型体感施設でここまで飛行感を体感できるとは思わなかったし映像と音楽が凄い自分好みで良かったです。
予想以上の良アトラクションで個人的に絶叫コースターに並ぶくらいのお気に入り度でした。


後はコラボ花火見てティーカップとかメリーゴーランドとか乗れるもの乗るだけ乗って終了。
初富士急でしたが全部楽しくてよかったです。
やっぱりコンタクトに変えたのが絶叫系の本来の楽しさを感じられるようになって良かった点だなと思います。
時期的に絶叫コースターは2時間待ちの列とかになってたので(それでも楽しかったけど)もうちょい良い時期にまた行きたいところです。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> グッズ物の服とかぼろぼろになってしまったときとか悲しい気持ちになる。同じの買いたいと思っても売ってないのがさらに悲しい。
定期あろはー(´;ω;`)
めっちゃわかる。
かと言ってボロボロになるまで使うほど気にいるかは買うときに分からないから先に2つ買っておく判断も難しい。
あと2つ目使い始めたら3つ目欲しくなるから無限ループ。





8月20日

夏休みが終わりました。
なんか別に時間なかったわけではないはずなのにやろうと思ってた計画がいくつかお流れになっていた休みでした。
1回惰眠を貪って昼過ぎまで寝るみたいなことをすると寝過ぎで眠いループに陥って活動気力が奪われるので長期休暇での睡眠時間管理はやっぱ大事だなと思いました。
夏休み後半の記憶を箇条書くと、


・給湯器が壊れた
冬じゃなくて良かったと思いながら夏でもお湯が出ないのは結構死活問題なので業者に直してもらいました。
なんか操作パネルの異常だけだったので大したことなかったけど案外それが高くて突然の出費に。


・映画を見に行った
「カメラを止めるな!」という映画がなんかちょっと話題らしいということで友人と見に行くことに。
元々ごく少数の映画館でしか上映してなかったのが口コミで話題になって最近地元の映画館で公開されるようになった感じでそういう広まり方らしい。
前情報なるべく見ずに行ったので前半のB級映画パートで割と退屈でしたが後半の手法で全体がめっちゃ面白くなってて発想の勝利というかありそうで無かった感じで実際面白かったです。
最終的にコメディ映画なので感動したとかいうよりは手法に感心したという面白さでした。
あと前半パートはずっとハンディカメラ映像で走り回ったりするので映像酔いに弱い人は酔い止め薬飲んで見たほうがいいと思いました(めっちゃしんどかったです)。
3D酔いもそうですがこういうの弱いせいで色々損してるなぁと思います。


・オスバンSという神の薬品に出会う
夏コミのツイッター情報かなんかで見かけた衣類のにおい対策品にこれがいいというのを見かけて気になってたので試してみました。
自分は衣類は特に問題ないけどタオルのにおいが以前から気になって色々試してたのですがだいたい微妙な結果になっていたのですが、風呂場でまとめて浸け置きしたら悪臭全部取れて効果絶大でほんとに凄かったです。
無地のバスタオルくらいは別に買い換えれば問題ないのですがライブグッズのタオルとかを普段から普通に使ってるので、古いやつは生乾き臭が気になるけど捨てるのも憚られるという状況で悩んでいたので良かったです。
前から漂白剤とか色々消臭対策調べてやってたけどどれもイマイチな結果だったけどこれは一番効果あったしてっとり早いし量的にコスパも良いので完璧でした。
ドラム乾燥後のにおいもしなくなったし洗濯に関するストレス要因が一気になくなってQOLが激増しました。


まあそんな日常な出来事しかない夏休み後半でしたが前半は充実してたので良しとします。
というか長期休暇は前半充実して後半堕落するパターンが毎回な気がしてます。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> そんな度数まであるなんてすごい・・・
> でも海行く機会なんてないわ・・・

定期あろはー(´;ω;`)
自分も度付きゴーグル買ったけどよく考えると海で着けるタイプじゃないなって思ったので使うことは無かった。
かと言ってプール行く機会が今後あるかと言うと微妙だけどとりあえず度付きゴーグルすげえっていう感動だけ味わえたので良しとします。





8月14日

8月も半分終わったし夏休みも半分終わったし時が流れるのは早い。




   

なんとなく以前からやってみたいと思ってたベッドの上にモニタを付けるという環境を作ってみました。
オンボードの空き端子に適当にケーブル刺せばトリプルディスプレイに簡単に出来るということを知ったのでHDMIケーブルの長いやつと安いモニタと突っ張り棒を買って作りました。
使用頻度は正直そんなに無いと思うので割と雑に好奇心だけで構築しましたが距離感もなかなか良くて結構満足の行く環境になったのではないかと思います。
モニタは元々ついてる足とVESAマウント足を逆向きに付けたのを突っ張り棒に引っ掛けてあるだけですが一応この写真の状態から追加でもうちょい固定はしました。
大地震が来て棒が真ん中で折れるとかそういうことが無い限り落ちてこないようにサポートは作りましたがどうでしょうね。
ベッドの頭ところの台がもうちょっと幅があればモニタアームをそこに引っ掛けて作るのも出来ましたがこれはこれで割と満足しています。
操作は無線で出来るし案外デスクトップのテキストも読める程度には見えるので何かこのポジションで出来る作業でも見つけられたら捗るかもしれません。




・8/11



夏といえばコミケということでビッグサイト。
今年は臨時勤務の関係で1日目の金曜日(東方・同ソ)は見送ったのですが長年コミケ参加してて東方の日に行かなかったのは初めてかもしれないなと思いました。
記憶が怪しいので本当に初めてかは定かではないですが。
お使い頼んだので最低限問題ないのですがツイッターなんかの賑わいを見てるとやっぱ行きたかったなと思いますね。
行ったのは2日目のみでしたが危惧されていた40℃コミケなんてことにならずに比較的過ごしやすい気温だったので良かったです。
今年は企業スペースが東7,8にあったのでたまには覗いてみるかと思って行ってみたらコミケとは思えぬ冷房の効き方でめっちゃ涼しくて凄かったです。


   

イベントといえば恒例の焼肉矢澤。
恒例とは言うけどしばらく他の店を開拓してたりして実際は1年半ぶりくらいな気がします。
色々お高い飯を食べに行ったりしたけど1万円台で得られる満足度はこのお店が今の所頂点に君臨しています。



・8/12

     

内田彩ライブツアー2018ファイナルの地が群馬なので東京から群馬遠征をしました。
ちなみに内田さんの故郷が群馬なので凱旋ライブという形で群馬公演です。
行く途中にイオンモール太田に寄りました。
普通にイオンですがたまにトークイベントがここであったりHMVが色々力を入れてたりする場所なので。
ふらっと回りましたがイオンにアニメイト入ってる場所は初めて見ました。


     

良く話題に出るぐんまめしということで焼きまんじゅうと鳥めし。
最初はイオン行ったら適当に全部あるだろうくらいで何も調べず行ったら何も無かったので近場の店舗へ行きました。
イオンとか大きめのショッピングモールになると逆にあんまり地元のもの売ってないよなって後になって思いました。
焼きまんじゅうは割とサイズ感が凄いですがまんじゅうというより蒸しパンみたいな生地のものなので見た目ほど重くなかったです。
タレがみたらし団子とか五平餅のタレって感じで割と馴染みのある味だったので個人的にはかなり美味しく食べられました。
鳥めしは弁当としてメジャーらしいですが普通に店舗で食べられたので鳥めし松を食べましたがこれもかなり美味しかったです。


   

群馬県民会館ベイシア文化ホールにてライブツアー千秋楽。
今回前から6列目でいい席だったのもあってすごく良かったです。
この日始まる前は十分涼しかったけど始まった後の熱気がすごくてかつて無いほど汗だくになりました。
群馬ということでMCでかなりローカルな話を連発したり関係者席に話しかけたりと普段以上のアットホームさがあったり、ぐんまちゃんが出てきて一緒にSoHappyのPVの踊りを踊ってたのが歌のお姉さん感あったりしてとても良かったです。



・8/13

           

帰宅のついでに今ラブライブサンシャインとコラボしてる富士急ハイランドへ寄りました。
入場が無料になったし夜にコラボ花火をやってるので実際遊ぶのは改めて来るとしてとりあえず園内の雰囲気と花火を見ようということで。
到着直後は結構雨が降っててアトラクションもほぼ運休で大丈夫かなぁと思っていたけど徐々に雨も止んで逆に涼しくていい感じになってました。
花火は音楽と連動して打ち上がるものでこの日はCYaRonの曲で元気全開DAYDAYDAYと夜空は何でも知ってるのの2曲でした。
もちろん完璧にリズムが合うなんてのは花火では難しいのでズレはありますが、サビやラストの盛り上がるところでドドドドっと連発したり歌ってるキャラカラーに合わせた花火の色を混ぜたりとしっかり手の込んだコラボ花火でした。
しっとり系の曲の夜空は何でも知ってるのでは静かめの花火というか開いてからキラキラが残るような花火が多用されていて雰囲気がとても良くてこれは本当に見に来て良かったなと思えるような花火でした。
本当に思った以上に良かったし一応コラボ期間中に遊園地自体でも遊びたいので近々もう一度行こうと思います。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 度のはいった水中眼鏡ってどれくらい度入ってるんだろう・・。
> 目が悪くなりすぎて一般的なものだとまったく見えなさそうでつらい。
定期あろはー(´;ω;`)
調べればわかるけど右目用と左目用とパーツ買って組み立てる感じで左右の度数も別々に出来る。
メガネの度数を自分で知ってなきゃいけないけど自分は左-5.25D 右-4.75Dで見かけた分だと-8.0Dくらいまであったと思う。
セットで3000円しないくらいだし視界はほぼメガネと変わらないから見た目気にしなきゃマジでメガネの代わりに水中メガネで日常過ごせるんじゃないかなと思う。





8月3日

体が慣れてきたのか少し前の超暑かった日と同じような気温になっても大分楽になってきたような気がします。
やっぱり慣れは重要だし寒暖の差は緩やかにしてほしいけど秋は秋でまたいきなり寒くなりそうな予感。
あと仕事で色々した結果ほぼ固定で発生していた残業がほぼゼロになったのでかなり楽になりました。
実際ストレスめっちゃ減ったし体調も前より良くなったので残業は毒。




7/28〜30で沼津へ行きました。
4週連続遠征でしたがそのうち3回が歴史的大雨or台風に向かって出発という事態になっていて中々の災難な7月でした。
今回の沼津の目的は28,29で行われる狩野川花火大会でしたが、台風で30,31に両日延期されたため急遽滞在予定を1日伸ばしました。
30日の月曜日は元々3rdライブディレイビューイングというのがあったので有休入れてたのですが悩んだ末に花火を取りました。
どっちも見たかったし久しぶりに体が2つ欲しい案件でした。


・7/28

元々お祭りと花火で半分以上の予定が埋まるはずだったので台風でぽっかり空いた時間をどうするか悩みつつ移動。
昼過ぎくらいまでは風がちょっと強いくらいで曇り空程度だったので車で点々と聖地巡礼ポイントを回る。
割と主要な地点は回りきったので残す地点がニッチな場所ばっかりになりがちですが今回は初沼津の人がいたので既存ポイントも回りつつ。


 

高沢公園のSL。
ここは写真の撮影かなんかで使ったスポットでアニメとかには特に出てきてない場所。
駅からすぐ近くだなって歩いたら思ったよりは遠かった(十分近いけど)。


 

沼津港の深海プリン。
別に聖地とか何も関係ないけど最近出来て話題になってたので。
見た目のオシャレ感はいいけど開けて食べ始めると混ざって微妙な色合いになるのは仕方なし。
味は上がラムネ味(?)で下がプリンだけど混ぜて食べるより上から順番に食べたほうが個人的には好きでした。


 

初回の巡礼(1年半前)以来の久しぶりの学校をとりあえず車で素通りするだけ。
スクフェスACの千歌MRの背景が見覚えあるけど謎の手すりはどこだろって気になってたやつが学校の奥側の道路のところに発見したので割と収穫。


   

遠いので行ったことなかった大瀬崎まで足を伸ばしてオーシャンビューフジミで軽食。
みかんじるこっていう名物らしいですが普通の餡のしるこ以外を食べたのは初めてだったのでなんとも不思議な感じでしたが結構美味しかったです。
赤福を白あんで作った感じの味と食感がするって感想を言ったけど同意は貰えませんでした。
こことあとすぐ隣の大瀬館でコラボ手ぬぐいを4種類回収。
別に集める気は無かったけど気づいたらコラボ手ぬぐい残り1種以外集まったし次きたらコンプできそうです。
(手ぬぐいは旅館組合とのコラボなので宿泊するか食堂売店で1000円以上買い物しないと買えないルールがある)


後は三の浦案内所行ったり風と雨が強くなってきたので駅周辺へ戻ったり。
台風の影響で沼津駅が17時くらいで全線終電になってたりで公共交通機関で来たら詰み状況になってました。




台風ならさわやか空いてるでしょっていうネタと共に夕飯でさわやかへ行ったら見事1時間待ちでした。
この日のハンバーグはなんかいつもよりよく火が通っててミディアムな感じでした。


       

宿に着いたら台風の影響で近隣一帯が停電してて真っ暗でした。
復旧しないと冷房も風呂もなしだし踏んだり蹴ったりだなってなってたけどとりあえず明かりを用意しようということで各自持ってたペンライトで明かりを確保し始めたあたりで状況が面白くなってきてこれはこれで中々おもしろシチュエーションで楽しかったです。
幸い到着から30分くらいで電気は復旧したので停電の面白いところだけ楽しんだ感じになって結果悪くなかったです(停電自体は3時間以上してたらしい)。


・7/29

 

翌朝台風も通り過ぎて天気もかなり良いのに花火やらないの残念だなぁと思いながら朝食はいけすやへ。
前回来た時に食べられなかった二食感活アジ丼とアジフライ。
食感の違いがちゃんと分かってなるほど二食感ってなりました。
あとここのアジフライは白身フライ苦手な自分でもめっちゃ美味しいと思う美味しさで凄いです。


   

恒例の三津浜周辺をぐるっと歩いて回って松月でおやつ休憩。
喫茶スペースで食べるのは初めてだったので原作アングル初回収でした。
いつも来てるのが冬か春先なので海水浴場になってる三津浜を見たのは初めてだったので中々新鮮でした。
ただアニメは基本夏以外の見た目なので聖地巡礼的には夏以外がいいと思いました。


   

あてもなく島郷海岸行ったり商店街歩いて回ったり翌日の準備中の狩野川を見たり。
その後歩いて欧蘭陀館まで行きましたが日差しが強くて中々厳しかったです。
欧蘭陀館も初回以来の1年半ぶりくらいでしたが当時よりかなり壁とかに色々増えてました。
暑かったのでかき氷。


 

その後はマルサン書店で劇場版前売り券買ったりドールハウスKIMURAへ行ったり。
前売り券は各地で売り切れ続出だったらしいけど閉店ギリギリくらいに行った書店の在庫力凄かったです。
昼1回行ったときはものすごい行列だったので後で来ようってなって閉店間際に行ったらこれで3分待ちくらいの列だったので読み勝ちでした。
KIMURAさんのところは1年ぶりくらいでしたが店主が話好きで色々喋ってると気づいたら大分時間が経ってます。
沼津の昔の話とか聞けて面白いのですが今回は淡島ホテルの昔話が興味深くて面白かったです。


 

夕飯は浜忠さん。
時間が結構遅かったので食材切れでメニュー制限が結構ありました。


・7/30

 

突発延長戦でとりあえず朝は丸勘。
風が気持ちよくてテラス席でご飯食べてぼーっと海と空見てるのが凄く穏やかで良かったです。
久しぶりにびゅうおの上にも登りました。


     

夜まで何もする案が無くてどうしようかってなったので旅館のパンフでちょっと気になった三島スカイウォークへ行きました。
生憎雲が結構掛かってて富士山は見えませんでしたが中々の眺めと吊橋感が面白かったです。
あと橋の横でワイヤーを滑るアトラクションがあったのでやりましたがかなり楽しかったし来てよかったです。
このアトラクションはつい数日前にオープンしたばかりらしくて中々良いタイミングで来れたと思います。


   

お待ちかね花火大会。
延期なので花火以外のお祭りプログラムは全部なくなったけど出店とホコ天はあって中々のお祭りな雰囲気でした。
大きい花火をまともに見に出かけるのも子供の頃以来だしこういうお祭りの雰囲気も久しぶりだったので良い感じでした。
普段このあたり歩いてればいくらでも見かけるライバー(分かりやすいやつ)もこれだけ地元の人が集まる中だと少数派どころか全然見かけないくらいでした。
花火は優先観覧席で川を挟んですぐ向こう側で花火が上がるのが見られる位置でしたがこの距離は音が凄いのと上から灰というか破片が結構降ってきて痛いというのが新たな発見でした。
花火はとても良かったですが、最後のクライマックスであるナイアガラ花火が橋を挟んでこちら側の仕掛けが不発で失敗だったのがかなり残念でした。
花火大会に来た一番の目的はこれで、未熟DREAMERのPVの元でありその曲を流しながらやってくれるプログラムで年に1度の最大の聖地巡礼とも言えるこれを去年やったという話を聞いてから絶対次は行くと決めて1年待って見られなかったのは実際中々ショックが大きかったです。
橋の反対側は普通に成功していたというのも不運な話で。
来年もあるとは思うけどあるとは限らないので今年見ておきたかったですが、嘆いても仕方ないのでまた1年後に持ち越しです。


一応福岡も沖縄も多少の予定ズレはあったものの嵐の中に突っ込んでいって無事終わりましたが今回は割と敗北色濃厚な結果になりました。
全体としては楽しかったし悪くなかったですがやはり最大の目的が達成されなかったのは痛かったです。
来年こそはきちんと見られるように1年善行に励みたいと思います。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 眼鏡だとサングラスつけれなくて眩しい!ってなりそう。
> プールとかでもそうだけど眼鏡に対して厳しい世界。
定期あろはー(´;ω;`)
眼鏡のときはサングラスなんて発想すら無かったけどコンタクトだとアタッチメントとして眼鏡を使えるのが便利。
結局使わなかったけど沖縄行く時に度付きの水中メガネ買ったんだけど思ったより高くなかったし十分視界クリアに見えるからほぼメガネの視界だし凄いと思った。





7月27日

7/21〜7/24の期間で沖縄へ遊びに行ってきました。
なんかのイベント合わせとかでなく普通に旅行で計画して遊んできました。
メンツはikuoさんhatさんINDYさん。
沖縄は今回が初でしたがこれで日本の主要な島は全部足を踏み入れたことになります。
九州に立ち入ったのも今年が初だった気がするので行動範囲の広がり方がかなり急ですね。

沖縄に行った感想としては、気温はさほど高くないけど日差しがめっちゃ強くてサングラス必須だなと思いました。
とりあえず形から入ろうってことでアロハシャツとサングラスをネタ的に揃えたのですがアロハはともかくサングラスはマジで重要でした。
そんなにカンカン照りでも無かったけど裸眼だと目が疲れるくらい眩しくて目を大きく開けるのが辛いくらいでした。
あと水辺のレジャーやる時に水の乱反射がかなり抑えられるので偏光グラスめっちゃ効果高かったです。
帽子と日焼け止めクリームも効果高くてやっぱ形から入るのは重要だなと思いました。

気温は本州が最高気温40℃とか行ってる中33℃とかその程度で日陰なら全然余裕な感じでした。
風が涼しいかというとそうでもなくて若干湿っぽかったのは台風の影響だったかも知れません。
ちょっと慣れれば半袖半ズボンでいい感じの南国感あったので、特に離島の空気感と雰囲気はすごい良かったです。

あと天気がめっちゃ変わりやすかったのも印象的でした。
ちょうど台風だったのもあったかも知れませんが一瞬大雨みたいなの降ったかと思ったら5分後には晴れてたりと瞬間的に変わりまくりでした。


以下時系列記録。

・7/21

   

今回出発の21日にちょうど沖縄の方に台風が来てて取ってた飛行機が欠航して計画が崩れかけるもなんとか当日チケットを探して飛びました。
いつ飛ぶかとかキャンセル待ちだとかいろいろ覚悟して半日くらいは空港で過ごすかもと思いながら朝イチで行ったらほぼ同じ時間帯に欠航してないのがあって空席もあってかなり運が良かったと思います。
台風自体運が悪かったとはいえ1日潰す覚悟で下手したら半年くらい前から計画してた旅行が全部中止ということにもなりかけたので飛行機の当日券は高く付きましたがとにかく良かったです。
着陸も運が悪いと別の空港に行くかもってアナウンスがありましたが無事那覇空港に着きました。
飛行機で飛んでると地上との距離感が全然分からなくなるし外の景色が3Dゲームで見たようなのだったり2Dゲームのミニマップのように見えたりで面白かったです。




空港でとりあえず昼ごはん。
ソーキソバとミミガーといろいろ。
にんじんのしりしりっていう人参千切りにした卵炒め?を沖縄料理とは特に知らずに回収出来たのでこれもよし。
しりしり自体は多分どこかで食べたことあるって感じの記憶にある味でした。


 

レンタカーで美ら海水族館へ。
那覇からほぼ島の反対にあるので結構遠かったです。
元々この日はレジャー入れてたけど台風でだめになったので別の日に予定してた水族館を入れました。
水族館入口辺りから見える奥の方の島がすごい特徴的な形をしてて曇りなのも相まって謎の鬼ヶ島感が出ててなんかやたら気に入ってました。


       

美ら海水族館は今回の旅程の中でも結構期待していたところで実際良かったです。
水族館は説明を見ていたり魚が動いてるのずっと見てると無限に時間が吸われます。
今回は結構遅い時間に行ったのでショー的なものは見れなかったけどジンベエザメの餌やりは見られたし面白かったです。


 

夕飯はなんか適当なステーキ屋。
沖縄はステーキ屋めっちゃ多かったです。
あと1日先に入ってたikuoさんが買ってきた離島の泡盛を飲んだりとか。
泡盛も飲んだの初めてだけど度数30とか40とかでキツすぎて流石にひと舐めでやめときました。
というかこういう"酒"って感じの酒の味が分からなさ過ぎる。



・7/22

   

翌朝はいい感じに晴れたので那覇空港から離島の久米島へ飛びました。
上から見ると島の周りだけ緑色のオーラで覆われててこんなに色違うんだなって思いました。
久米島ついた時の空港の光景がもう視界の端から端まで全画面パノラマで開けた海と空だったのでこの時点でだいぶ感動してました。


 

空港からホテル移動間のなんかいい感じの写真。


 

海沿い走ってたらヤギを見かけたので「GoatSimulatorだ!」って言いながら駆け出していきました。
普通に民家の飼いヤギだったのですが久米島はヤギがメジャーなのかお土産Tシャツの柄にもヤギがあったりしました。


 

ホテル着いてすぐ横にあった屋外のお店で久米島そば(沖縄そば)。
そばも美味しかったのですがなんというか外で食べてる時の雰囲気がすごい穏やかでなんかめちゃくちゃ良かったです。
南の島感を一番感じたのは実はここだったかもというくらい。


   

はての浜というところでスノーケリングをやりました。
一応防水ケース持っていって水中撮れないかなとやりましたが水中だとピントが全く合わず駄目でした。
この日は台風の後ということで若干の濁りがあったらしいですがそれでもかなり綺麗な緑の海でした。
画像検索すると凄い鮮やかな色の画像が見れるのでもっとコンディション良い日だったらもっと良かったなと思いました。




ホテルでヤギ再び。
なんか白黒のパンダヤギという結構珍しいヤギらしくてホテルの庭の端で飼われてました。


   

プールサイドBBQで南国リゾート感を完璧に味わう夕食。
雰囲気の力は凄いなって思いました。



・7/23

 

久米島の外周を回りつつ那覇へ戻る途中のいい感じ写真。




お昼はA&Wのバーガーとルートビア。
ルートビアは湿布の味って聞いてたけどたしかに湿布でした。
でも美味しくないとは思わないので慣れたら美味しく感じそうだなと思います。
なぜかドリンクでこれだけおかわり自由だし。




パラセーリングをやりました。
船で引っ張ってもらって飛ぶやつですが中々楽しかったです。
海の上で高く飛ぶと下までの距離感おかしくなるのが面白いです。




フライボードをやりました。
水圧で空飛ぶやつですがめっちゃむずくて全然姿勢維持が出来なかったです。
めっちゃ叩きつけられるし水飲むし体力的にめっちゃ消耗するし初心者にはかなり辛いスポーツでした。
飛べたら絶対楽しそうなので飛べるようになりたいですが単純に体力とバランス感が足りない。


 

次のアクティビティまでに時間があったので突発で首里城へ。
そんなに時間も無かったのでざっと外観だけまわって終了。
二千円札の画像がここだって言うのを知らなかったのでなんか突発で実績解除した感じになりました。
ちなみに二千円札は何故かずっと財布に1枚だけお守り的に入ってます。


 

カヤックで川を下って夕日を見ました。
これはそんなに体力も使わないし景色も凄く良かったし楽しかったです。
体力使ってないようで普段使わない筋肉結構使ってるみたいで終わった後若干の筋肉痛が発生しました。


   

夕飯は居酒屋っぽいところで沖縄っぽいものを適当に。
3枚目のはシャコガイ。
海の味がしました。



・7/23

   

翌朝はジャッキーステーキハウスというところでステーキ。
地元にも観光にも有名で美味しいとか聞いたけど実際に美味しかったです。
あと看板と信号が面白い。


 

最後は帰る前に国際通りを歩いて土産を買ったり。
平和通りにあった塩専門店みたいなのが面白かったです。
実際すごい面白い味のする塩とかあって最後に楽しかったです。




帰宅後の部屋の温度計です(21時半)。
沖縄は避暑地というのを完全に理解しました。




台風で行く直前でどうなることかと思いましたが大体の計画はこなせたし楽しい旅行でした。
やっぱり離島の雰囲気が凄く良かったのでまたいつか別の島とかにも行きたいなと思いました。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> もう外に出たら危険な時期になってしまったな。
> こんな暑さで外で働いてたら死んでまうぞ!

定期あろはー(´;ω;`)
39℃やべえって言ってたら40℃超えたりしたしマジでやばい週間だった。
やはり暑いときは沖縄に行くしか無い。





7月17日

昼間の気温が39度超えたとかでかなり夏って感じになってきました。
体温超えた気温の空気はなんというか圧を感じるので昼間の外出はマジで危険を感じますね。
日曜に出かけた時になんかちょっと気持ち悪いなって思ったのでポカリ飲んだらスッと収まったので水分は大事だなって思いました。




 

7/15はZepp大阪ベイサイドで行われた内田彩ライブツアー2018大阪公演へ行きました。
今回ここの二階席で見ましたがオルスタ形式のライブハウスの二階席からの光景は初体験だったので中々新鮮でした。
ただやっぱり基本的にスタンディング側へ向いてのアピールがメインなのとスポットライトが下から上を照らすのが結構多くて眩しくてステージ見えないことが結構ありました。
二階席は広いし楽ですがやっぱりオルスタならスタンディングの方が雰囲気感じられるかなぁといった感じでした。
ライブの内容は横浜と基本的には同じで数曲入れ替えがあったのと、MCのネタが大阪ローカルな感じに変わるくらいでした。
あと内田さんの誕生日が7/23で一番近いライブということでバースデーサプライズをやるという企画(スタッフからのチラシ回覧)があってきっちり成功したのでとても良かったです。
サプライズ直前のMCでお腹へったな〜でもライブ中だから我慢我慢〜みたいなこと言った直後にケーキが出てきたので盛大なセルフネタ振りみたいに偶然なってたりしてて面白かったです。
ライブ会場で誕生日を祝うときの定番ネタで客席のペンライトをロウソクに見立てて吹き消したらライトを消すっていうやつをやった時に吹き残しとして数本消さずに残したやつがあってそれを何回も吹き消すみたいなノリになってたのが大阪だなって感じでした。
指鉄砲でバンッってやったらウッってなるみたいなお約束ネタをやったら曲歌ってる途中とかでもやりだしてかなりフリーダムな感じになってていい感じに地域差を感じられるライブで楽しかったです。
横浜に続いてのツアー2つ目でしたが後は来月最終地点の群馬にも参加予定なので最後どうなるか楽しみです。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 残業して帰って寝て起きて仕事行くと鬱になる。
> そんな社会から抜け出したらもう戻れない・・・

定期あろはー(´;ω;`)
平穏に暮らせる会社&部署ガチャは本当に当てるのが運でしかないから辛い社会。
人生死ぬまでの時間が分かれば逆算して必要なお金が溜まった瞬間に無職になりたい。





7月12日

平日の疲労蓄積度が高くなってきて中々思うように行動できなくて厳しくなってきました。
立ち仕事10割、半分屋外、月平均40時間弱の残業で3週間くらいでこの精神状態なので過労死ライン80時間普通に理解可能だしこのレベルの仕事を何年も続けてる人の強靭さは凄いと思いました。
残業じゃないけど昔は休日出勤換算で似たような環境+交替勤務で3年くらい頑張ってたので若さでしたね(結果駄目でしたが)。




     

7/7と7/8で、ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour 〜WONDERFUL STORIES〜 のツアーファイナルの地であるマリンメッセ福岡へ行きました。
この日の前日に西日本で記録的豪雨による災害があり、金曜現地入りの予定をしていたのでまずたどり着けるか心配しましたが、空路は問題なく時間通り動いてくれたので何事も無く行けました。
夜頃には九州北部から雨雲が南に移動していたので現地入り直後も翌日も本当にそんな災害があったのかと思うほど安定した天気でした。
ただ関西あたりの陸路が全滅で新幹線ルートだと絶望だったので経路悩んだ時に飛行機予約しておいて本当に良かったなと思いました(家からだと金額的にも時間的にも新幹線と大差ないので)。
実際同行者のぽそさんが新幹線予定で足止めを食らい、夜中までかけて大阪まで行き、早朝に空港へ直行し福岡行きが満席だったから長崎へ飛んで、電車が死んでいたから現地で出会ったライバーと協力して車で会場までこぎ着けたのが開場時間ジャストの16時だった、という凄いエクストリーム遠征を成功させたので既にWONDERFUL STORIESでした。
そんな感じで土曜は流石に空席が結構目立ったものの見た感じ会場の9割近くは埋まっていて純粋に凄いなと思いました。


ライブ内容は千秋楽ということで少しくらいは変わるかなと思っては居たものの、あまりにも予想外の変更が飛んできて衝撃的でした。
3rdライブは2期アニメのストーリー再現ライブということで演劇色が強めで、基本的にはセットリストも演者が喋る内容も基本的に脚本があり埼玉大阪と続けてほぼ固定で、感覚的には好きな映画を映画館に何度も足を運んで見ているというような状態でした。
そしたらSaintSnowのMCで少し変わったことを始めて、2期8話で失敗して歌えなかった筈のDROPOUT!?を歌う流れになったのがあまりにも衝撃的でした。
埼玉でも大阪でも居るからには歌ってもいいんじゃないかときっと誰もが思いつつ、ストーリーを再現する上では絶対に歌えないので歌わないのだろうと思っていたところにこの変更。
その後もストーリー上のアンコール曲の後に新規最新曲のキセキヒカルを追加、アンコール後の曲も変わり、勇君が特別編集で11話verが挟まり歌い終わるパートをカットして歌を続けるといった、ストーリーを再現するなら本来ありえない変更がいくつも入り、極めつけは最終MCで今までは居なかったSaintSnowの二人がステージに立っていたことでした。
もしかしたらこの福岡での通算5回目の3rdライブストーリーはSaintSnowの成功から分岐したラブライブ決勝にSaintSnowが立っていた世界の表現ではないのだろうかと思いました。
勇君11話verでの編集も、最後に"火が消える"という終わりの象徴とも言える表現をカットして歌を続けた意味を考えると、変えられないアニメストーリーでの悲しい出来事を現実のライブでは皆が幸せになる方向へ変えられるというようなメッセージ性を感じ取らずには居られませんでした。
変化の分岐点となったSaintSnowがMCでこのツアー中やっていたことといえば、本来アニメで存在しないスタッフや関係者への呼びかけという破天荒なもので、あれを埼玉大阪と繰り返すことで世界観にヒビを入れていって5回目の福岡でついにアニメ世界の殻を破ったという見えない脚本があったのではと感受性全開で深読みをしました。
福岡初日のMCの時に「向こう側行っちゃおうか」って言った言葉がどうしても頭に残ったのと、2日目ではもうスタッフへの呼びかけが入らずサラッとDROPOUT!?へ移行したというのがあったのがそんな考えに至った要因です。
ゲームやアニメなんかのループ世界もので悲しい運命を打破するために世界の裏側に干渉していたのがSaintSnowだったみたいなシナリオが頭に浮かびました。
まあこの考察は完全に自分の趣味というか瞬間的に頭に浮かんできただけなのですがめちゃくちゃ衝撃を受けて公演直後はしばらく座り込んでいたくらいなので、個人的にこの3rdツアー全体を通しての裏シナリオだったのではないかというのを持論として持っていきたいです。
そこまでではなくとも、アニメと違ったことを最後にすることでアニメと同じように現実は終わらないよというメッセージはあったような気がするので、今後のAqoursとSaintSnowを見守って行きたいと思いました。
この衝撃と感動も全公演(大阪day1除く)見届けたからこそのものだったので本当に追いかけてて良かったなと思いました。


今回のライブツアー、大阪ではライブ翌日に大地震が起きたり、福岡では前日に記録的豪雨だったりと災害とニアミスしながらも結果的に全部無事に終わって良かったなと思います。
大阪は特に地震でホール天井からの落下物が実際あったらしく、1日ずれていたら本当に大変なことになっていたかもしれないと思うと紙一重のタイミングでした。
ラブライブのライブは過去にも記録的大雪と重なったとか天災と何かと縁があったりするのですが、ともかく3rdツアー全6公演中5公演いろいろありつつ全て現地参加できたことは本当に良かったし幸運なことだったと思います。
あとそれとは関係なく福岡行きの経路でなんとも無かった代わりに帰りに電車が落雷で3時間止まるという因果を体験したので改めて大事な用事があるときは前日行動を心がけようと思いました。




         

ライブ翌日はHAPPY PARTY TRAINのPVスポットである豊後森機関庫公園(旧豊後森機関庫)を見に行ってきました。
博多からレンタカーで1時間半ほど走って大分県の玖珠町へ。
元々は土曜に行く予定を立てていたけど大雨だったので天気回復を祈って月曜に予定変更したらものすごく綺麗に晴れて凄くいい光景になりました。
建物の廃墟感とSLの存在感と緑と青空に穏やかな空気が流れていて普通にずっとここでぼーっと過ごして居たいなぁと思うような場所でした。
いわゆる聖地巡礼をするとただ単に元ネタスポットということ以上にその場所が普通に良い場所で予定よりもかなり長居してしまうことがよくあります。
本当にこれ1つのために凄く遠いし1スポット見るだけだしなぁと行く前はちょっと面倒くささも覚えつつも行ってよかったなと思いました。




         

福岡の旅行中の食事事情。
ラーメンラーメン水炊きモツ鍋天ぷらクロワッサン。
クロワッサンは現地人的に博多駅といえばこれという名物らしい。
結局福岡で観光みたいなことは一切せず基本食べるばっかりだったので福岡って感じでした。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> ちょっと高めのところからジャンプあるある。
> 俺は3M近いところから飛んで足がすごいジーンとした思い出。
定期あろはー(´;ω;`)
高さだけなら小学校の階段を全段飛ばしでジャンプして降りるみたいな遊びをしてたなぁと思い出したけど今思うと危険すぎる。
意外と構えてれば膝で吸収できるから平気なんだけど何気なくジャンプした段差みたいなののほうが足ジーンは来る。





7月2日

しばらく朝5時起きだった予定がなんかまたシフト変わって結局今週から普通の時間になりました。
早寝はめんどいけど夏の早朝って案外気持ちいいのでこれはこれでって思ってたので若干拍子抜け。
ただ仕事自体は変わってなくて残業が毎日2時間セットで付いてるので大分めんどいです。
2時間残業があると毎日の自由時間が大体3時間くらい削られるので残業という文化は果てしなく人生の無駄であると思います。
仕事内容自体はフォークリフトで工場内爆走してるだけなので実はそれなりに楽しくて問題ないのですが。
暑さと残業さえなければ。
あと数ヶ月この生活になるので残業ゼロ時代の帰宅後の時間配分を改めないとなと思いつつ削る行動が決めきれないのでもうしばらくカツカツで平日を過ごすことになりそうです。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> ゲーム脳で耐性アップとか考えることはあるけど現実の体は非常に脆いのである。
定期あろはー(´;ω;`)
ゲームじゃないけど子供の頃アクション映画とかで結構高いところから飛び降りたりするの見てこれくらいなら全然平気でしょって思って1mくらいの高さからジャンプしてめっちゃ足痛くなった思い出。
3Dゲーム脳になれば3D酔い耐性が付く理論は正しい気がするんだけど一向につかないから辛い。





6月25日

早朝勤務に変わって一週間ですが早速風邪をひきました。
これが原因なのか先週の遠征先で拾ってきたのかは分かりませんがかつてないほど喉が痛くてやばかったです。
最初はライブの声枯れが長引くなぁ程度に思ってたら夜中に痛みで目が覚めるほどの痛さが襲ってきて1日中トローチ舐めてました。
あと疲れてたり体調悪かったりする時によくやるご飯食べてる時に舌を噛むやつも思いっきりやって満身創痍でした。
土日も本調子じゃなかったので大人しくしてましたが休みの日と病気が被るときほど人生無駄にした感はないですね。
イベントが被ってなかっただけ良しとしておきます。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> まあよく落ちるコンタクトとか駆逐されるよな・・・
> 勤務時間が少しだけ早くなるとか地獄。
定期あろはー(´;ω;`)
夏なので案外丁度いいというか起きた時しっかり明るいし涼しくてめっちゃ気持ちいいから割とあり(晴れ限定)。
問題は残業がほぼ固定で発生して帰る時間が今までと変わらなくて自由時間が露骨に削られるの辛すぎる。





6月18日

今週から突然仕事のシフトが変わって朝5時起きの日々が始まります。
元々は夜勤もあるみたいな話だったのですが昔体を壊したので絶対やりませんって言って固定にしてもらいました。
なんか会社が忙しいらしくて現場応援みたいなやつなんですが朝行ったら聞いてた話と違う配属になっててなるほどよく聞く社会人理不尽案件だなってなりました。
まあ忙しいから指示に手が回らないのは分かるしそんなに不満のある場所ではなかったので今回はそんなに気にしてないのですが。
とりあえず早起きする分にはまだしも夜早く寝なくちゃいけないのがやっぱ微妙に辛いですね。
ちょっと肉体労働寄りになったのでしんどいけどあわよくば体力付いたらいいなくらいに思っておきます。




       

6/16はパシフィコ横浜で行われた内田彩ライブツアー2018の初回公演へ行きました。
パシフィコ横浜は初めて行ったのですが駅からほぼ直通だし目の前が海でロケーションもいいし会場も綺麗で音も良くて良い会場だなと思いました。
会場の反響のおかげなのか曲中のコーレス(?)で客側の声が綺麗に通っていた気がします。
ツアーは全国5箇所で自分はそのうち3箇所行く予定が立っていてその初回でしたが、この先もどんどん楽しみになるような内容でとても良かったです。
内田さんは本人が同じ曲を前と同じようにやるのはあんまり好きじゃないみたいなことを言ってて毎回少しずつ新たな試みやアレンジがなされていて、もう何度もライブには行っていますが毎回新しい良さを体験できるので本当にとても良いです。
今回は完全に全曲バンド演奏で、普段しっとり目の曲なんかがちょっとロック調になっていたりしたのが新鮮でライブ全体がアップテンポで駆け抜けるような良さがありました。
特にしっとり系定番曲のピンクマゼンダの今回のアレンジが凄く良くて今まで聞いた中で一番の良さでした。
今後の公演もどう変わっていくのかとても楽しみです。




 

6/17は大阪城ホールで行われたAqours 3rdライブツアー大阪公演day2へ行きました。
本当は前日のday1もLVでもいいから見たかったのですが被っていたので体が2つ欲しい現象でした。
暑い日でしたがホールは空調が効いてて割と快適だったし、規模的にスタンド席でも埼玉に比べてかなり近くて見やすかったです。
そのおかげで埼玉では位置的に見えなかったセンターステージの足元スクリーンによる色々な演出がしっかり見れたのがとても良かったです。
特に君ここをセンターステージでやっていたのを見た時は今まで何度も見ているはずなのに何か今までに無い感動を覚えました。
埼玉公演に対して1曲差し替わっただけでほぼ完全に同じ流れの公演なのですが、会場のサイズ感や景観や演者の練度によってより高い没入感を得られました。
回を重ねるごとにキャストに余裕ができてきて、2ndツアーの時はどちらかといえば自由演技への良さが高まっていったけど、3rdツアーでは固定演技の完成度がどんどん上がっていってるなと思いました。
3rdはストーリー再現ライブなのであまりツアー形式には向かないんじゃないかなと思っていましたが、全然そんなことはなく毎回新たな感動を得られているのが本当に凄いと思います。
あといつものSaintSnowの無茶振りMCで関係者席とスタッフへの煽りにも声が上がるまでになってきてて、1度きりのライブでは絶対にこうはならないという成長というか変化が凄く良いなと思いました。
あとルビィソロ曲の時にトロッコがスタンド外周を回ってきて実質最前列を一瞬体験できたのが良かったです。
次の3rdツアー最後の福岡も楽しみだし、ファンミ日程も発表されて来年3月まで突然スケジュール帳が埋まったし、供給が多いことはありがたいことだなと思いながら楽しんで行こうと思います。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> スポーツとかするときは眼鏡不便すぎてワロスってなる。
> 漫画とかではよくコンタクト落としてることあるけどあれって現実でも頻繁に起きるのかどうか知らない・・・。
定期あろはー(´;ω;`)
あの古典的なコンタクト落とした!ってなるやつはハードレンズだけの話で今主流のソフトレンズではまず起きない話かな。
ソフトはレンズが大きくてまぶたが被ってるし接地面が大きいから手でつままない限りは外れないし、ハードレンズは黒目より小さくて本当に目の中心にちょんって乗ってるだけなので入れるのも楽だけど衝撃で外れやすい。





6月12日

コンタクト生活もそんなに不便感じなくなってきたし案外あっさりと慣れてきました。
若干めんどくさいのは1泊以上の遠征で洗浄液とか持っていかないといけないことくらいです。
あと朝から夜中までずっと付けてると夜中頃は流石に目が痛くなってくることと、1日コンタクトの後にメガネをかけると視界が歪むことが分かりました。
度の強いメガネを初めて付けた時みたいな感じでなかなか懐かしの感覚ですが普通に足元ふらつくので数分のキャリブレーションが必要です。




       

6/9,10に行われたラブライブサンシャインのAqours 3rdライブツアー埼玉公演に参加してきました。
去年の9月に2ndツアー最終公演で来て以来で1年も経たずの再訪なので本当に凄いハイペースだなと思います。
前回は9月終わり際だったのでともかくメットライフドームは暑さや雨で散々な言われようの会場なので戦々恐々としていましたが、1日目は昼が暑かっただけで夜は比較的涼しい風もあり、2日目は雨こそ降っていたものの風はなくて降り込んでくるまででも無かったし気温は低くてライブT1枚では肌寒いくらいだったのでライブ環境としては平和で良かったです。
ライブ内容はアニメ2期に沿った流れで進んでいくので1stライブに近く、2ndツアーよりもストーリー色の強い流れでした。
幕間アニメが結構あって約3時間半の公演で歌った曲数としては20曲以下なので曲数としては大分少なかったのですが物足りなさはなく、完全新規のアニメーションで2期13話の補完アニメからの劇中曲への繋ぎなど、アニメとのシンクロを強める構成で2.5次元ライブとしての完成度の高さは凄かったです。
曲数少ない代わりに1曲歌うためだけの専用衣装が多くて1曲1曲の印象はとても高まったと思います。
曲の感想はありすぎて色々ですが、やっぱり函館からの待望のAwaken the PowerがSaintSnowを含めた11人で歌われたことがとても良かったです。
あとAtP後のMCをSaintSnowの2人が担当して内容がメタなことだったり無茶振りが凄かったりで凄い面白かったのですが、SaintSnowが会場のAqoursファン全員の代表としてAqoursについての話を中央で言ってくれてるというのが普段絶対に無いことなのでこのパートは本当にとても良かったです。
ライブ内容の他にはなんか11月に東京ドームでライブがあるとか劇場版が1月4日公開だとかようやく4thシングルが出るとかファンミ2018はどこへ行ったんだとか色々怒涛の発表もありでこの先も怒涛の日々になりそうです。
先々のことは置いといてとりあえず3rdツアー残りの2会場も現地行けそうなのでまだまだ楽しみです。




     

物販会場に展示されていたハイパーファビュラスアルティメットジャンボ寝そべりEX高海千歌。
これエイプリルフールネタで実際に1日だけ沼津の海岸にリアルに出現したものなのですがラブライブは定期的に頭おかしいことするので相変わらず頭のおかしいコンテンツだと思います。
近くで見るより遠くから近づいていく過程でなんか変なの見えるぞってなるビジュアルが一番面白いところでした。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> コンタクトは視野広いのはいいけど色々とめんどくさい。
> やっぱ眼鏡が最高だわ!

定期あろはー(´;ω;`)
眼鏡の面倒ポイントである"顔に眼鏡が常に掛かってるから考慮して行動しないといけない"っていうところがフリーになるので利点もでかい。
コンタクト慣れても眼鏡不便すぎてもう使えないわとはならないし、逆にコンタクトサイコーってもならないし、生活に合わせてベターを選んでいこう。





6月4日

3度目の正直みたいな感じで先週から日中はコンタクトレンズをして過ごしています。
前から1dayタイプのやつは持ってて極稀に使ってたのですが、乱視が矯正しきれないのと入れたときの違和感が大きくてほとんど使ってませんでした。
そこで調べたらハードレンズだと乱視の矯正がちゃんと出来るとあったので、ちゃんと合うならもう完全移行でもいいかなと思って試着(?)してみたのですがむしろ全然合わなくて駄目でした。
評判通りハードレンズめっちゃ目が痛いし度数どれだけ調整しても視力検査のやつの上から3つ目くらいが既に見えないしでこんな合わないものなんだなと思いました。
その後ソフトの2weekタイプ試してみたら思った以上に違和感ない装着感だったので今はそれをしています。
ソフトレンズなので結局乱視は矯正しきれないままなので視力はメガネより低いしPCの文字がちょっと見辛かったりするのですが視野が広いのが外では本当に便利です。
最近は外でアクションする比率が多くなってきたのでこのまま慣れればコンタクトに移行しようかなと思ってます。
まだ結構目が疲れるし洗浄の手間がかなり面倒なのはあるのですが。
家で引きこもってゲームとかやるときは別に今までのメガネすれば視力は確保出来るので視力に関してはまあ頑張って慣れようという感じです。
乱視さえなければもうちょっとスムーズにコンタクトの選択肢を取れたのかなぁと思います。
そう考えると改めてメガネのレンズ性能は凄いですね。




バーフバリ 王の凱旋 完全版をセンチュリーシネマの絶叫上映で見てきました。
絶叫上映の感想としてはタンバリンと鈴持ってなんかBGMに合わせて鳴らしてるだけでめっちゃ楽しかったので開始前に百均で調達してって良かったなと思いました。
サイリウムも一応持っていったけど使い所が難しかったので鈴タンバリンがベスト装備だと思いました。
やっぱり映画を見ている途中で声を出していいというのは凄くよくて、盛り上がるシーンでうぉーって言ってるだけでも体感の盛り上がりが違います。
あと今回特にですが、完全版ということで大筋分かっている内容の途中に初見のシーンがいくつも出てくるものなので、そういったところで素直に驚きの声を出せたりあのシーンそういう意味だったんだみたいなことを隣と話せることがとても良い点でした。
とりあえず映画を見る上で「声を出していい」というのは凄く気楽で、特に2回目以降の視聴での楽しさが増す要素だと思います。
あと絶叫上映企画のスタッフの人が映画開始前に声出し練習をやってくれたのが声出していい雰囲気が映画の頭から作られているので凄く効果的で良い施策と思いました。

バーフバリ完全版としての感想ですが、日本公開版(インターナショナル版)にカットシーンを足したものという情報から、ダンスシーンとかざっくり削られたエピソードでも足されるのかと思ったら随所で1分とか30秒くらいの細かいカットされたパートが沢山あって、細かくキャラの行動が補完されて話の理解が深まるパートが多くて非常に良かったです。
これはインターナショナル版を見た後完全版を見たほうがある意味感動出来るのではないかと思ったくらいです。
というか見た感じ30秒どころか1秒2秒単位で間を削ったような編集がされているような気がするのでインターナショナル版の編集者実は凄い大変な努力をしたのではないかと思いました。
インド映画は元が長すぎて日本のような場所では映画館がそもそも上映してくれないので削って輸入するとかそういう理由があるらしいです。
ただ今回の完全版は本国で規制された表現もそのままなので(切られた指にモザイクが掛かってたりする)一部シーンが差し替えになってたりして、逆にそのへんはインターナショナル版のほうが違和感なく見られるなと思いました。
完全版を見ると何故こんな重要シーン削ってしまったんだって思うところもありましたが多分別の所削ってたとしても後で同じこと思うと思うのでやっぱ編集も大変だなと思います。
完全版の内容も凄く良かったし絶叫上映楽しいイベントでした。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 大物の掃除は庭がないとつらそう。
> 家の中が埃まみれになる掃除とは掃除してるのか汚してるのかわからねーな!

定期あろはー(´;ω;`)
エアコンにエアダスター突っ込んでホコリふっ飛ばしたのでまあそりゃねって感じで大惨事でしたね。
強風の日に家の窓開けてエアーで部屋のホコリ全部浮かせまくって全部家の外に飛んでってくれたら楽なのにとか思ったことある。





5月28日

エアコンのクリーニングを業者に頼んで夏への対策を更に完全な物にしました。
実は冬頃に送風口からホコリが出てきたりカビが見えてたりしたので自分で一度掃除をしたのですがやっぱり一度しっかりやっておくかなと思って。
ちなみに自分で掃除をしたときはホコリで部屋が大変なことになったのでおすすめしません。
今の部屋にもともと備え付けのエアコンなので何年分の汚れかは分かりませんが一旦リセットして次に汚れるまでの期間も少し気になるところ。
今年も夏はエアコン電源切らない生活してみようと思います。




先日すごい珍しいことに会社の同期飲み会とか参加しました。
一応毎日顔見てる人から10年くらい見てない新入社員研修以来みたいな人まで。
なんというか仕事の話が出ると今自分がめちゃくちゃ楽な立ち位置に居るのもあって同年代の皆は頑張ってるんだなぁとかこういう時思いますね。
珍しいことをしたせいで珍しく割と真面目に将来についてちょっと考え込んだりもしましたが、とりあえず今の楽な立ち位置は望んでも中々手に入らないポジションなので現状キープを最優先で上にも下にも行かないように頑張ろうと思います。
あと10年ぶりくらいの顔合わせの人(こっちは正直顔覚えてない)に昔からそういう服のイメージあるわって言われたのでそういうとこ自分では変えたつもりで結局大して変わらないものなんだなって思いました。






Doki Doki Literature Clubの公式グッズが日本発送出来るようになったらしいので買いました。
海外通販を使ったのはこれで2回目だけど昔より大分楽になった印象あります。
支払いにPayPalを利用したのですがめっちゃ楽で凄いなと思いました。
送料はこの小包で1500円ちょいくらいでしたが大分海外も身近になったなぁとちょっと思いました。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> なんか1日めっちゃ暑い日の後に寒くなってつらかった。
> 暑すぎて布団かえた次の日に寒いとか卑怯だろ・・・

定期あろはー(´;ω;`)
ちょい前の話だけど暑くて夏用の冷感敷きパッド敷いたら翌日めっちゃ寒っってなって敷き直した思い出。
今ちょっと暑いなって思うけどエアコンつけるとやっぱちょっと寒いなってなる微妙なこの時期も地味に辛い時期。


> 有給が今の三倍あっても全部腐りそう
今まで一日たりとも有休を腐らせたことのないこの私を甘く見ないでいただこう。
まあ実際昔リーマンショック時代に実質休み倍みたいな期間あったけどその半分くらいは出てましたね。





5月21日

暑さと蒸し暑さがかなりのレベルに達していたので冷凍庫をサクレあずきで満たして寝る時のエアコン付けっぱも解禁したというのに2日くらいで一気に冷えてエアコン要らずに。
涼しい分にはありがたいので良いのですが。
部屋の中の気温が外気に対してかなり熱が籠もるのですが風のある日は玄関と窓を開けて5分換気すると一気に涼しくなるという知恵を得たので大分快適になりました。
あとは髪切ったりしたりで夏への対策は済んだので梅雨を飛ばして夏にしてほしい。




劇場版アニメ版ゴジラの第2話を映画館に観に行きました。
前回の予告で2話は絶対機動戦士メカゴジラガンダムでしょって思ってわくわくしながら見に行ったのですが思ってたのとちょっと違ってて少し肩透かし感はありました。
サブタイトル(決戦機動増殖都市)がどういう意味か最初分からなかったのですが見た後は確かにそのまんまだなと納得しました。
話の内容は開始10分くらいで「勝ったな」っていうフラグを盛大に立て続けて順調にフラグ消化する話、もしくは突然10億円拾った人が舞い上がって破滅するストーリーという感じでした。
よくある3部構成の2部目なので繋ぎの話というか2話単体で見ると起伏がちょっと少なめかなという感じはしました。
もともとゴジラシリーズ詳しいわけではないので最終話のキーワードに対しての個人的盛り上がりはメカゴジラほどではなかったですが最終的な締め方がどうなるのか気になるのでまた年末あたりを楽しみに待とうと思います。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 日本には求めれない有給の数。海外ではすごい数の休みあるらしいが。
> でも海外は日本ほど住みやすくなさそう・・・。
定期あろはー(´;ω;`)
まず言語の壁がある時点で辛いけど言葉通じてもめんどくさいことは確かに多そう。
どこそこの外国へ行けば年間100万円で暮らせるみたいな話は人生に疲れた時に実行しようか迷うけどやっぱ日本最高だわってなりそう。





5月14日

GW明け後の一週間でしたがGWなんて何週間も前に終わってたんじゃないかくらいに即日常って感じでした。
この一週間は休みの時に買ってきたジーパンの処理に四苦八苦してました。
新品なのになんか凄い変な匂いするけどまあ洗えば落ちるだろうと思って普通に洗ったけど全然取れなくて結構しんどい匂いだったので調べたら染料が原因だとか。
対策の熱湯重曹浸け置きとか色々やって手洗いして干したりして色落ちするレベルでやったけど、結果匂いも多少は落ちたもののまだ大分気になるレベルだったので諦めて捨てることにしました。
色々手もかけたし1回履いただけで捨てるのも勿体無いとは思うものの衣類匂いが気になるのは精神的にマイナスが大きすぎるので仕方なく。
匂いに関しては結構過敏な方で以前実家で使ってた柔軟剤が洗った後も匂いが残るタイプで大分しんどくて、一人になってから匂いの残らない柔軟剤探して全部洗い直したりした過去もあります。
今回の件は勿体無いよりも知識不足によるハズレを引いた悔しさが結構大きかったのでこの経験は今後に活かして行こうと思います。




PC用のサウンドミキサーを買いました。
物はMACKIE MIX5。
サウンド関係のものを買うと機器本体に対して追加で買うケーブルが総額の2,3割くらいを占めてきたりするのでケーブルって高いなと毎回思います。
ミキサーの構造よく知らなかったのですがなんか説明書読んだらTAPEって端子で入出力が出来るので2出力分配がそのまま出来て思ったより勝手が良かったです。
買った理由はゲーム配信で遊ぶ時に配信先に常時ノイズが乗るため(自分の方には聞こえない)。
結構前からこの現象は認識してたのですがオンボのサウンドカード通してるのが原因かと思ってたら別の要因だったのでそろそろ解決しとくかということで改善に。
現状PC2台分の音をスピーカー1つに出力しつつマイク入力の声はスピーカーから出さないようにするという配線をサウンドカード3枚(オンボ含む)使って結構無理やりミキサーを実現してたのでそれを本来あるべき姿に直した形です。
ノイズの原因はサウンドカードから別のサウンドカードへLINE入力を渡すとオンボに限らずノイズが乗るというのが分かったのですが何でこれでノイズが出るのかはよく分かりませんがなんか信号の干渉とか色々あるんでしょう多分。
とりあえずノイズは綺麗に消えたしミキサーも結構使い勝手が良いしでいい感じになりました。
整った環境で何かする事より整えることそのものが好きみたいなところがあるのでもうこの時点で達成感と満足感得られてゲームクリアって感じです。
一応テストに久しぶりにGoatSimulatorを遊んだのですがやっぱこのゲームめっちゃ好きだけど3D酔いはまだ克服出来ないなと思いました。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 長期休暇は旅行とかでも行かない限り必要ないよな・・・。
> 週の休みが1日増えることが頻繁にあるほうが幸せになれる。
定期あろはー(´;ω;`)
旅行とかに関しても連休シーズンじゃないところに連休を適当に入れて適当に出かけられるのが最適だしそういうのやりたい。
つまり有休が今の3倍くらいあれば皆幸せになれる。





5月7日

10日間あったGWが終わりましたが函館から帰ってきてからの1週間の記憶が1週間分ありません。
ある意味いつも通りで休みらしい休みの記憶といえばそうなのですが。
函館旅行という大きな行動があっただけまだかなり充実の連休を過ごせたと思います。
実際のところ普段やらない布団の洗濯とか地味に大掛かりで面倒な作業とか夏物冬物の入れ替えとか大体やりきったのでそれなりに実りのある日もそれなりにありました。
なにより毎日10時間近く寝てすこぶる体調が良いのでこれこそ連休の最たる収穫ですね。
また次の楽しみに向けて平穏な毎日を過ごして行きたいところです。




Homesick
以前どこかで見かけてビジュアルが凄くいい感じだったのでsteamで積んであった廃墟探索ゲー。
基本脱出ゲームの要領で敵と戦闘みたいなことは特になしでアイテム取って仕掛けを解いてみたいな感じ。
昼間は光の当たっているところによくある見えない壁が設置してあるのかと思ったら夜だとそこが通れるようになってたり実は設定上意味がある壁だったりとこの光の扱いには感心しました。
最初は文字化けを疑った画面内の文字も文字置換のギミックで読めるようになるっていうのは謎解きの発想として凄く良いと思ったんだけど謎解きの取っ掛かりがノーヒントすぎて操作に気づくまでがちょっと厳しいかなと思いました。
あとめっちゃ意味ありげに置いてあるピアノを頑張って弾いたけど進行に影響ゼロってのを知って脱力したのでもうちょっと分かりやすい合図か何か欲しかったところです。
まあ個人的に引っかかったのはその2点くらいで全体通して感じられる廃墟な雰囲気が凄く良かったのでとても良いゲームでした。
個人的に3Dゲームに求めている物がこういう方向性(3D空間をただ歩くことがメイン的な)ところがあるのでこの手のゲームはとても刺さります。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> GWとかまったく関係ない生活してるともう俗世に戻れない感すごい。
> 書いておいてなんだけどフリーターの人は祝日はむしろ仕事か・・・やっぱ人それぞれだな!

定期あろはー(´;ω;`)
俗世を捨てて永遠のGWを過ごしていたい。
うちは祝日休みが無い分連休がまるっと1週間あったりするけど分割して4連休を2回とかで欲しい。





5月1日

GWは丸々一週間あるので既に半分近く過ぎました。
休みといえば家でダラダラ過ごすことみたいな印象が根付いているので旅行行ったのと最近サボりぎみだった家の掃除とか買い物とかまとめてやってたら案外遊んでなくてむしろGW休みはこれからみたいな感覚です。
今年に入って毎月必ず何かしら週末の予定が埋まっていましたが5月は今の所まっさらなので久しぶりに落ち着いて色々出来たらいいなと思います。




     

4/27の金曜日にラブライブサンシャインの函館ユニットカーニバルがあったので北海道まで行ってきました。
北海道は学生時代の修学旅行以来で飛行機乗るのも二度目の筈なのですが全く記憶に無くて飛行機がめっちゃ新鮮でした。
函館空港への便が少なすぎるせいで乗客半分以上同じ目的だろうなっていうのが見て取れてちょっと面白かったです。
(シャツかパーカーかグッズか何か大体身につけてる)



       

会場の函館アリーナに若干早く着きすぎて3時間くらい無駄な待ち時間を過ごしたので先にどこか見てくれば良かったなと思いました。
函館と言うとGLAYの故郷らしくここでもライブやった時の記念品とか飾ってありました。
帰りにタクシーの運転手の人が当時GLAYがライブやったときは近隣のビジネスホテルの普通の部屋ですら一泊五万とかになったとか聞いて流石にレベルが違うなと思いました。



   

ライブはユニットカーニバルということで普段ライブではちょっとしかやらないユニットパートの拡大版にSaintSnowが加わったフェス形式の今までにない特殊な方式の今回。
ユニット曲は特色が強いしMCも面白いのが多いので実は全体曲より好きなパートだったりするので今回非常に良かったです。
そして何よりSaintSnowの大化けが本当に凄くて圧巻の盛り上がりでした。
トリのSELF CONTROLはアニメの原曲では少しパンチの弱い曲でしたがライブの音源に加えてラップの部分がシャウトと言っていいくらいの叫びで圧倒的ラスボス曲と化していました。
SaintSnowの2人にとっては実質初ライブで年間30回近くライブやってるAqoursに混ぜられるというアウェーの場で一番の盛り上がりを持っていったエネルギーは本当に凄かったと思います。

本当にライブそのものには何一つ文句ない最高の出来でしたが、Awaken the Powerをやらなかったのだけは若干疑問ではありました。
自分としては今回やらなくても次回3rdツアーで確実に入るしSaintSnowもまた来ることがほぼ確定なので次が楽しみだなぁで済む話だし今回は実際大満足だったのですが、そもそもこのライブへの抽選券が付いていたのがAtPのCDだったので流石に変だし多少批判が出ても仕方ないかなとは思うところでした。



     

適当に夕飯で海鮮っぽいものを食べた後は夜中の聖地巡礼。
8話最後に歩いた金森赤レンガ倉庫。
元々の原作ビジュアルが夜の場所なので夜に来ましたが予想以上に雰囲気が出てて凄く良い光景でした。
とにかく歩いてるだけで街灯がいい雰囲気で付近の建物と相まって日本離れした光景が良かったです。



     

Awaken the PowerのMVの八幡坂。
一応普通の道路なのですが夜中なので真ん中で写真撮ったりも出来ます。
ここも街灯がとてもいい感じでとても良かったです。





適当に道を撮っていた中で原作特に関係なく個人的にお気に入りの写真がこの一枚。
めっちゃ雰囲気のある通りでした。



翌朝起きてからは函館山周辺の聖地巡礼スポット巡り。
ホントは土曜もライブ2日目がありましたが現地チケットは無いしLV会場は札幌まで行かないと無いということでこの日は完全に観光モードに。
ライブ見れないのは残念だったけどこの更に翌日の混み具合がライバー関係なく各地でこの日以上だったのでこの日が観光でまだ良かったと思うことにしました。



       

9話の面接会場になってた旧函館区公会堂。
巡礼目的なので普通の人と若干見るポイント違うだろうけど普通に重要文化財だし普通にいい感じの洋館でした。



 

9話面接後にシーソー乗ってた公園。
ほんとに遊具が置いてあるだけのめっちゃ小さいスペースでイメージと結構ギャップがありました。
場所が分かりづらくて若干迷ったのと意外と遠くて疲れました。



     

SaintSnowの実家こと茶房菊泉。
小さいお店なのでライブ期間前後は流石に対応出来ないということで特別営業として写真撮影とお土産セット販売のみ。
この日行ったときは10分くらい待てばサッと入れたけど翌日の同じ時間の行列が数倍あってこの日で良かったなと思いました。
列整理とか手伝ってるスタッフの方が函館の地元ライバーの方でディスプレイ用の寝そべりを函館の知り合いからかき集めたとか(前日は5体しか無かったらしい)。
アニメ見てたら地元が突然原作に出てきた時の反応とか聞けたので結構貴重でした。



   

昨日も撮った昼の八幡坂と赤レンガ倉庫。
夜の雰囲気が凄い良すぎて明るい時に見るとなんかめっちゃ普通みたいな感想になりました。



 

原作に出てきたラッキーピエロ、ベイエリア本店(写真は翌日早朝のやつ)。
函館ローカルのバーガー屋なんだけどなんかバーガーの他にも色々メニューがありました。
めちゃくちゃ行列だったしラッキーピエロ自体は他にも店舗がいっぱいあるのでこの場は外観だけ撮って移動。



 

ラッキーピエロからルビィが飛び出してダイヤと話した波止場のベンチ(これも翌日早朝写真)。
アニメで見ると背景が突然別の場所に切り替わるのでなんかもっと遠い場所かと思っていたのですが、さっきのラッキーピエロから道路ひとつ渡っただけの場所で本当にめちゃくちゃ近くて驚きました。
こうやって実際の距離感を知るとアニメ作品内での場面の移り変わりによる距離感が立体的に感じられるようになって印象が一新される感覚が聖地巡礼の面白い点だなと思います。
というかこのエリアの原作ポイントはだいぶコンパクトにまとまってて本当に印象変わりました。



 

あと一番意外だったのがこの8話に一瞬出てくる道で、もっと広い道路なのかと思ってたら全然小さな通路でした。
アニメだと結構印象に残ってるシーンだったのに実際に通りがかって全然気づきませんでした。
原作は広角で写したアングルなのか同じアングル探しても中々似たような写真が撮れなかったです。
ちなみに聖ヨハネ教会の横の通り道なので確実にスタッフが狙って差し込んだカットだと思いました。



 

函館駅前あたりのラッキーピエロでバーガーを食べる。
値段の割にめっちゃボリュームがあったし美味しかったです。



   

函館といえば一般的には多分一番有名であろう五稜郭。
北海道では桜が満開の時期が丁度今週で1ヶ月ズレの花見もしつつ公園を周りました。
アニメではタワー内が少し出ただけなので実際この場所の歴史などにはほとんど興味なくただのハイキングとなったわけですが、やっぱり観光をしっかり楽しむためには予備知識や予習が大事なんだなと一般観光地に訪れると思います。
聖地巡礼は言ってみれば原作が歴史そのものなわけでその歴史巡りをするのが楽しいというのは一般的な感覚からしても納得なのではないかと思います。



   

9話でラジオ告知をしていたFMいるか。
函館山ロープウェイ乗り場の1階部分ですが、旧建屋らしい駐車場の横にある建物にもFMいるかと書いてあって最初混乱しました。



   

夜にはロープウェイで函館山からの夜景を見に。
夕暮れ時あたりから数時間はめちゃくちゃ混むという情報を聞いていたので最終便の1時間前くらいに乗りに行きました。
その時間でも登り10分待ちくらいありましたが下りは45分待ちとか出ていて流石にずらして良かったなと思いました。
そして函館山からの夜景は実際に凄くてこれは写真では伝えられない光景でした。
街の道で見る街灯も風情あるものでしたが上から見るとこれだけの光量が見えるんだなと感心しっぱなしでした。



 

翌朝行った朝市で食べたウニとかカニとか。
ちなみに自分はウニが苦手なので一口貰っただけですがなんか知ってるウニの味と結構違ってました。



 

アニメにも出てたハセガワストアのやきとり弁当。
豚だけどやきとりと言うやつです。
コンビニ的に売ってるものかと思ってたら店内調理タイプの弁当でした。



飛行機が少ない関係上昼の便で帰らないといけなくて最終日は朝食べてホテル出たらもう帰るだけでした。
3月に沼津で2泊3日したときもそうでしたが旅先で日常から離れた生活を2泊以上続けると、この地でこれ以上目的が無くてももっと滞在していたいなぁという帰りたくない欲が出てきます。
実際GW休みだし帰って予定があるわけでも無かったのでもう1泊入れても良かったなぁと本当に思いました。
聖地巡礼ももちろん良かったですが、単純に夜景や街の雰囲気など日常離れした雰囲気が凄く良かったのでまたいつかもう一度来たい場所になりました。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 映画やアニメはブラゲ消化しながら見れるから効率的。
> グラブルの団イベはお供の画面がないと長く戦えない・・・。
定期あろはー(´;ω;`)
映画もアニメもなんとなく見れる作品とそうでないものがあるからチョイスが重要。
最近は週に数本30分のwebラジオ番組聞くからソーシャル作業タイムが兼ねられてる。





4月23日

ここ数日異様に睡眠不足感あって体の怠さと眠気がかなりあります。
睡眠時間自体は以前と大差ないのですが夜中に半端に目が覚める率がかなり高いです。
最近寝る前は室温が28℃とかあるのに外気温が10℃台で寝る前暑くて朝になると結構冷えてる温度差のせいだとは思うのですが。
つい先週くらいまで夜は暖房かけることもあった気がするのにもう冷房つけてしまおうかと思うレベルの変化で中々厳しいです。
今週末は北海道行く予定があるのでここで体調崩したくはないところ。




映画パシフィックリム アップライジングを見てきました。
IMAX3Dで見たのですが3Dメガネで映画見るの多分初めてで3Dに関してはちょっと微妙な感触でした。
メガネに違和感あって気になってしまうのとピントがずれてるように見えてしまう場面が多くて目が疲れてしまうので映像は普通に2Dでいいかなという感じでした。
字幕版だったのも余計に疲れの原因だったかもしれませんが。
音響はかなり良かったです。
映画の内容に関しては、予告映像見た時にロボが全体的にほっそりして重量感が少なくなっているのが迫力的にどうかなぁと思っていたのですが、その点に関してはこれはこれでという方向性で十分見ごたえがあったので良かったです。
前作は敵を一発殴るだけで一々動作が重々しくて必殺技感あったのですが、今作はその辺の動作は当たり前になって普通にアクション映画テイストになった感じでした。
その点で言うと今作は全体的にロボの個性が弱かったのは惜しい点かなと思いました。
ストーリーはちょっと意外な展開で驚きましたが、前作キャラが全員好きだっただけに内部から悪者出さないで欲しかったかなぁとは思ってしまいました。
序盤に出てきた雑魚キャラが最後に活躍するっていう王道展開は熱かったしラストの流れはとても良かったです。
そういった意味で今作最も個性的だったのはスクラッパーだったと思います。
今作も今作で面白かったし十分楽しめたけど前作がものすごく良かった分ちょっと惜しい部分もあったなと思う続編でした。
あと絶対出てくると思ったハンニバルチャウが出てこなかったのが意外でした。
なんかまた続編作る気満々な終わり方だったのでその辺期待しつつ待とうと思います。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> やりたいことを義務のように作って新作ゲームに触り続けると消化作業だけで時間がなくなる!
> なお、面白くないと数日でログインゲーに以降してしばらくするとログインすらしなくなる。
定期あろはー(´;ω;`)
今の時代そのループしてるだけで無料で無限に時間を過ごせるからある意味最強感ある。
最近映像作品をじっと見続けることに慣れてきたので老後の消化項目に世の中の名作映画的なやつを全部見るみたいなこと追加したい。
スターウォーズすらまだひとつも見たこと無いので。





4月17日

ここ3週間くらい平日はずっと動画を見て過ごす日々を送っていました。
とある過去の生放送動画(週1放送1.5hの4ヶ月分+αくらい)なのですが、こういうの複数追ってたら過去分+リアルタイムで増えてくわけで動画だけで一生の時間を潰せそうだなぁと思いました。
最近流行りのVtuberとか全力で追ってる人もこんな感じだったんでしょうかね。
毎日のように動画をセットプレイで見続けてたせいで見るもの終わった後は平日に今まで何で時間を過ごしていたのか分からなくなる現象に陥りました。
今はまだ時間さえあればやりたいことはいくらでもあるけどそれらが無くなった時は結構危険信号な気がしたので常に趣味なりやりたいことはストックしながら時間は常に足りないくらいで生きるのがベストなのかなと思いました。




     

先週末土曜は内田さんと浅倉さん(番組名)のイベントへ行ってきました。
去年の年末に終了したラジオ番組である意味復刻であり最終イベントでした。
約4年続いたラジオで自分は2年分くらい聞いてましたが二人とも既存のイメージを良い意味で壊すサバサバ感のある番組で好きでした。
イベントは公録とかではなく過去の振り返りとか過去の番組コーナーを視聴者アンケートからリアルタイムでやるとかのトークイベントで2時間×2部でしたが相変わらずとても面白かったです。
今回はイベントの最後に1曲歌うというのがあったのですが(ラジオ番組なんだけど何故かライブフェスをやってて10曲くらいそれぞれの番組専用の持ち歌がある)、2部の終わりの本当に最後の挨拶の後舞台袖に捌けていった後も名残惜しさで会場中ずっと拍手が鳴り止まなくて1,2分後くらいに「アンコールありがとー」って冗談めかしながら出てきたのが凄い良かったです。
実際本当に何をする予定もなく少し追加で喋って帰っていっただけという字面だとなんか面白い出来事でしかないんですが結構真面目に感動した出来事でした。
昼の部のトークでライブのアンコールについての話題が少しあって「まぁ最初から予定されてるんだけどね」とか「誰もアンコール言ってないのにアンコールありがとーとか言って出ていけないでしょ」「予定調和でも声援が無いと出るに出れないから皆感謝してるし頑張ってね」「大人の事情が許せば本当は何回でも出ていきたい」みたいな感じの話をしててめっちゃ綺麗に回収したなっていうのと、この日は本当に予定調和ではない本物のアンコールを目の当たりにした初めての経験になりました。
2時間笑いまくったトークのイベントで最後にこんなに感動するとは思わなかったし終わった後の余韻が凄くて本当に参加できて良かったと思うイベントでした。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> イベントの観客参加型で参戦するとはなかなかレベルが高い。
> 多くの人の前に立つのは緊張がすごくて変な事言って後悔することが多くてつらい。
定期あろはー(´;ω;`)
人前でなんかするのはもう小学生くらいの頃からずっと同じ感覚で苦手なのでもはやどうすることもできない性質だと思ってる。
人前での失敗については昔はもっとネガティブに落ち込むタイプだったけど案外他人が変なこと言ったって大抵の人は他の興味あることの方が印象に残るし大して覚えてないから気にしなくていいでしょって思うように(思い込むように)してます。





4月9日

あまりにも車の黄色い粉にテンション下げられるのでこの時期だけでも車庫が欲しいと思ってしまいます。
なんか今年は花粉が400倍とか聞いたので本当に今年は花粉症の症状回避出来ててよかったです。




   

土曜日は魔法笑女マジカルうっちーのDVD第10巻発売記念イベントに行きました。
個人的に内田彩関連で最も楽しみにしているイベントであり今回も例に漏れず最高に面白いイベントでした。
というか第10回(開始から4年以上経過)って冷静に業界内でもだいぶ長寿番組なのではと思います。
今回はイベントに初ゲストということでそらまること徳井青空さんが来ていていつもの雰囲気とどう変わるのかなと少し心配もありましたがそらまるの適応力が高すぎて結果ほぼいつものゆるゆるなマジうちイベントだったので最高に楽しかったです。
あとこのイベントの恒例として途中のコーナーで観客参加型イベントがあるのですが、今回なんと自分がステージに上がることになりました。
それに関してはかなり幸運な話だったのですがめちゃくちゃ緊張してちょっと外したことを言ってしまったので若干心残りのある結果となってしまいました。
大抵の参加型コーナーでは一言喋るか1アクションする程度なのですが今回はパネルしりとり対決(要はワギャンのやつ)の協力者ということでコーナー中ずっと壇上に居て考えつつみたいな立場だったのでかなり余裕が無かったです。
まあ途中変なことも言ったけど最終的に別の参加者が神がかった答えで締めて会場爆笑で終わったのでコーナー的には最高に楽しかったです。
ほんとある意味参加者に依存してるコーナーだけど毎回客席から天才が生まれて神イベントになってるので本当に面白いと思います。
今回の失態は反省するとして次回以降も絶対にまた参加したいイベント。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 花粉症奴に花見とかいける要素がない・・・
> マスクで対策したら食べ物食べれなくてなにもかも終わってる。
定期あろはー(´;ω;`)
顔に何か付けるの苦手だからマスクもめっちゃ苦手で家に常備品も無いくらいなんだけど花粉症になって毎日つけることになったらダブルストレスで死にそう。





4月2日

今年は花粉症は大して辛くないけど車の窓拭いた翌日にもうじゃりじゃりになってるのはだいぶ辛い。




     

天気が良かったので以前も一回行った愛知のなんとか公園(忘れた)に花を見に行きました。
シート敷いて座り込んでなんか食べてみたいなお花見は絶対退屈だし魅力は特に感じないのですが、天気がいい日にいい感じに咲いてる場所を30分くらいでさらっと回るのはいい感じだなと思います。
というか屋台とかいろいろ出てるのでお祭り的な雰囲気といい感じの光景とで合わさってなんかいい感じを摂取できました。
結構暑かったので久々にかき氷食べたんですが今はもう屋台のかき氷もふわふわ氷のやつが主流みたいで時代を感じました。






花見はどっちかと言うとおまけで土日のメインはホームシアター映画鑑賞会でした。
パシフィックリムとバーフバリ1と2を見ましたがやっぱ音の振動が伝わる音響は良いですね。
パシフィックリムはもうすぐ続編やるからということで見ましたが、続編のトレーラー見た感じ前作が重量級バトルって感じだったのが全体的にほっそりしたロボが増えたような感じなのでどうなるかなといった感じですが。
バーフバリは以前スキー行った時に車内でずっと見てたのですが王の王たる姿がかっこよすぎて最高なので最近の最も人に勧めたい映画No1です。
ホームシアターはまず大音量が出せる環境という恵まれた空間がないと出来ないので選ばれし者の最高の贅沢品だなと思います。




・web拍手
> 定期あろはー(´;ω;`)
> 長期雨で花粉結構なくなったからこのまま消えてほしい。
定期あろはー(´;ω;`)
また晴れ続きで車が粉っぽくなってるのを見るのがつらい。
桜はあんま関係ないと思うけど花粉症の人がお花見してても風情どころじゃなさそう。




TOPへ